K.TAKAMATSUの技法

技法

スーパーリアリズム(superrealism)

 超写実主義。1960年代後半以降、アメリカを中心に興った美術の一傾向。人物または都会の一光景を写真や実物と見まがうほど克明に表現するもの。ハイパーリアリズムともいう。

ボタニカルアート(botanicalart)

 ボタニカルアートは、植物細密画。草花を科学的に精確に描出することで、昔、薬の原料の大半が植物から採っていた頃に、薬を作るために、精確さを要求された。

 K.Takamatuの描く作品は、スーパーリアリズムを追求すると共に、作家としてのメッセージが込められている。目に見える現実と内なる心理の追求を心がける。

手法

絵の具

 作品の多くは、アクリル絵の具で描かれている。

 アクリル絵の具は、Liquitex.Gouacheを使用している。

 水彩絵の具は、Aeroflash.Pelikanを使用している。

道具

 面相筆をはじめ、多種多様な筆。エアーブラシ。ぼかし網。ぼかし筆。

 マスキングテープ。鉄筆。溝引き。Etc

多数の作品を制作する中から得た知識や経験から、描く作品に最適な技法や手法を用いて、もっとも効果的な表現をする。


このページの先頭へ

Copyright (C) 2010 K.TAKAMATSU All Rights Reserved.